フォト

他のアカウント

Mixi Twitter

最近のトラックバック

VOCALOID

無料ブログはココログ

2009/02/16

「わが祖国」のLP盤でした




コネタマ参加中: 初めて自分で買ったCD(レコード)を教えて!

初めて、自分でお金を出して買ったレコードは、スメタナの「わが祖国」でした。
中学生のときの音楽の授業で、「モルダウ」が題材になったことがあり、それがものすごく印象に残って、わが祖国全体を聴きたくなって買ったという記憶があります。
LP盤は、まだ実家に残っているかなあ? まあ、残っていたとしても、すでに再生する環境が残っていないですけどねえ。

初めて買ったCDは、やっぱりクラシックで、ホルストの「惑星」でした。
これは今も手元にあります。ショルティ指揮の、ロンドンフィルハーモニー演奏の盤です。
TEACのCDプレイヤーと一緒に買いました。当時はクラシックにはまっていて、FMラジオのエアチェックとか良くやってました。惑星も聴きたかったのだけど、なぜかエアチェックのタイミングがあわなくて、このCD欲しさにプレイヤーを買ったようなものです。
このCD、低価3500円です。今から見ると、当時はCDは高かったんですねえ。

2006/05/21

アナログ音源

昔、高校生の頃に、アナログカセットへエアチェックしていた音楽やラジオドラマを見つけました。
テープのままだと、メディアごとダメになってしまいそうなので、せめてMDに移そうと思ったのですが、私が持っているミニコンポ(Victor UX-W7DVD)だと、ハイポジやメタルのカセットはちゃんと再生できないし、Dolby-NRも付いていない。
ということで、このご時世だけど、買ってしまいましたカセットデッキ TEAC W-790R。
【ポイントアップ】TEAC ダブル・オートリバースデッキ【税込】 W-790R [W790R]【でんき0515】...
【ポイントアップ】TEAC ダブル・オートリバースデッキ【税込】 W-790R [W790R]【でんき0515】...
【Joshin web 家電とPCの大型専門店】

ていうか、まともなカセットデッキはほとんど売られていないし、ヨドバシカメラなどの家電量販店で買えるカセットテープも種類が少なくなっているし(メタルテープが全くないなんて!)、かつてのオーディオシーンとのあまりの違いにびっくりしてしまいました。

早速、アナログカセットテープからMDへ移したのは、1980年代の後半にNHK-FMで「アドベンチャー ロード」という名前で放送されていた番組をエアチェックしたモノ。
(1)21世紀のユリシーズ
  ・作: 横光 晃
  ・出演: 役所広司、松阪隆子 ほか
(2)黄金のアポロ
  ・原作: 高千穂 遙
  ・出演: 村上弘明、熊倉一雄、山口未知 ほか
等速でのダビングしかできないこともあって、コピーしながら聞き入ってしまいました。
ラジオドラマって面白いねえ、やっぱり。
今も放送しているみたいですね。→ http://www.nhk.or.jp/audio/

最近の写真

  • P10100061
  • P10100011
  • P10009812
  • P100098011
  • P100097711
  • P10009711
  • P10009671
  • P10009921_2
  • P10009621_2