フォト

他のアカウント

Mixi Twitter

最近のトラックバック

VOCALOID

無料ブログはココログ

« プロジェクトMK-II last-1 | トップページ | 梅雨? »

2005/06/08

プロジェクトMK-II 完了

日曜日の朝に完成しました。
その後、写真撮影まで終わらせていたのですが、日曜日の午後は、Zガンダムの映画を観に行き、その後は、このパーフェクトグレードMK-IIの引き渡しを兼ねて焼き肉屋に行っていたので、ここに書き込む時間がありませんでした。
平日になれば、もうそれは普通に残業ですからねえ。
そんなわけで、「クワトロ・バジーナ専用 ガンダムMK-II」です。

PGMK2-01

[RX-178 GUNDAM MK-II (Quattro Vageena's exclusive MS)]
一年戦争で名声を得た、RX-78ガンダムの正統なる後継機としてティターンズが開発した機体。特徴は「ムーバブルフレーム」と呼ばれる機体構造と、「全天周囲モニター」である。グリーンオアシスで3機が生産されたが、全てエゥーゴに強奪された。その後、構造解析と部品取りのためにアナハイムエレクトロニクスに移された機体をもとにして、アナハイムエレクトロニクス純正のMK-IIが1機生産されている。この機体は、後にアーガマへ補給され、MSN-00100百式が開発されるまでの間、クワトロ大尉の専用機となった。カラーリングは、クワトロ大尉が前に使用していたRMS-099リックディアスを模したものだが、周囲に対しては「クワトロ大尉=シャア・アズナブル」という図式を強く印象づけるものとなった。(中盤以降はいわゆるオレ設定)

PGMK2-08

パーフェクトグレードは初めて作りました。パーツの多さと全体の大きさにまずは驚き。さらに、各関節の可動域の大きさにもびっくりしました。こんなキットに手を加えていたらしばらくは完成を見ないだろうということで、工作としては素組みです。塗装は、カラーリングを「赤いヤツ」にする以外は特に何もしていません。内部フレームはほとんど塗装していないのですが、意外と外から見える部分が多かったので、塗装しておいた方が良かった気がします。なお、外部装甲は、表面を塗装した(つまり材質自体が赤い合金類、ではない)と考えているので、装甲の裏側までを赤色にするのは止めました。

PGMK2-09

色のレシピはこんな感じです。
・外部装甲の赤 … モンザレッド8にオレンジ2くらい
・足の下部の赤 … モンザレッド7にミッドナイトブルー3くらい
・腹部の黒 … 黒(そのまま)
・胸部の黒 … ミッドナイトブルー8にニュートラルグレイ2 (忘れてしまった… これは自信なし)
・バックパック本体 … 黒(そのまま)
・メインノズル … 黒鉄色と焼鉄色で塗り分け
あと細かいところは忘れてしまいました。

PGMK2-17

マーキングは、サテライトツールズのコーションデータデカールを使いました。赤地に白なので、肉眼ではかなり目立っていると見えていたのですが、写真にすると、白地に赤のマーキングの方が映えるみたいです。

このMK-IIは無事友人の手元に引き取られました。
でも、パーフェクトグレードってかっこいい。もう一台作って自分の部屋に飾っておきたい気分です。
(作るのがえらい大変ですけど)

ちなみに、ベースとなったキットは、パーフェクトグレード MK-IIの「エゥーゴカラー」です。
だいたい、10日間程度で完成させました。

PG 1/60 RX-178 ガンダムMk-II エゥーゴ
PG 1/60 RX-178 ガンダムMk-II エゥーゴ[ホビープラザ とらや]

« プロジェクトMK-II last-1 | トップページ | 梅雨? »

「プラモデル作成」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32773/4462026

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトMK-II 完了:

« プロジェクトMK-II last-1 | トップページ | 梅雨? »

最近の写真

  • P10100061
  • P10100011
  • P10009812
  • P100098011
  • P100097711
  • P10009711
  • P10009671
  • P10009921_2
  • P10009621_2