フォト

他のアカウント

Mixi Twitter

最近のトラックバック

VOCALOID

無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/27

暑いなあ

暑い。たまらん。
この調子だと、今年の夏も猛暑ってやつなんだろうか。
それに加えて仕事が忙しいし、本当にもうたまらん。

blogも触ってませんでしたが、ここ10日間ほどの出来事。
(1)衣替え完了。やっと半袖シャツ着られます。
(2)プロヴィデンスガンダム完成。写真はもうちょっとあとで。
(3)明日から出張続き。この機会に新幹線でGUNDAM SEED DESTINYを見ようと画策している。
DVD-Rに録画した番組をMP4へエンコードせねば。
(4)急に部屋の模様替えがしたくなってきた。良い文机ないかなあ。

2005/06/17

衣替えの準備

まだ肌寒いとか言いながら長袖シャツを着続けていますが、そろそろ衣替えをしておかないと、7月になってしまいそうです。そこで、ついでに押し入れの中の整理もしようと考えつき、収納ボックスを買いました。

【送料無料】チェスト ELD  お徳用3個セット
【送料無料】チェスト ELD  お徳用3個セット

自動車を持っていないので、この手のものを買うときは、帰り道が億劫だったのですが、良く考えたらこういうものこそ通販で買えば楽ちんなんですよね。
ネットで検索したら、値段的にお買い得なところを見つけたので早速購入しました。
現在の我が家の押し入れの中は、かなり無駄なスペースがあるので、この収納ボックスできれいに片づけ、空いたところに部屋の中のものをしまって部屋を広く使えるようにしたいなあと思ってます。

【e-net shop 収納Rack館】 ←このお店は他にも収納グッズがいろいろと取り揃えてありました。メタルラックなんかもあります。

2005/06/12

梅雨?

関東地方は梅雨入りしたそうですが、あんまりそんな雰囲気ではないですね。
相変わらず仕事は忙しいので、衣替えも満足にできてません。そろそろ半袖シャツとか出さないとね。

といいつつもプラモデルは進めており、先月から少しずつ手をつけていたProvidence GUNDAMが形になってきました。
PROVIDENCE01

背中に背負っているドラグーンシステムが未完成ですが、全体の雰囲気はつかめる状態です。
結構かっこいいです。1/100のプラモデルも既にありますが、ぜひともマスターグレードで出して欲しいなあ。そうすれば、マスターグレードのフリーダムと並べられるし。
カラーリングは以下のような感じで。
 赤い部分 … ガンダムカラー RED(7)
 青い部分 … コバルトブルー
 黄色い部分 … 黄橙色
 グレー部分 … グレーFS16440

2005/06/08

プロジェクトMK-II 完了

日曜日の朝に完成しました。
その後、写真撮影まで終わらせていたのですが、日曜日の午後は、Zガンダムの映画を観に行き、その後は、このパーフェクトグレードMK-IIの引き渡しを兼ねて焼き肉屋に行っていたので、ここに書き込む時間がありませんでした。
平日になれば、もうそれは普通に残業ですからねえ。
そんなわけで、「クワトロ・バジーナ専用 ガンダムMK-II」です。

PGMK2-01

[RX-178 GUNDAM MK-II (Quattro Vageena's exclusive MS)]
一年戦争で名声を得た、RX-78ガンダムの正統なる後継機としてティターンズが開発した機体。特徴は「ムーバブルフレーム」と呼ばれる機体構造と、「全天周囲モニター」である。グリーンオアシスで3機が生産されたが、全てエゥーゴに強奪された。その後、構造解析と部品取りのためにアナハイムエレクトロニクスに移された機体をもとにして、アナハイムエレクトロニクス純正のMK-IIが1機生産されている。この機体は、後にアーガマへ補給され、MSN-00100百式が開発されるまでの間、クワトロ大尉の専用機となった。カラーリングは、クワトロ大尉が前に使用していたRMS-099リックディアスを模したものだが、周囲に対しては「クワトロ大尉=シャア・アズナブル」という図式を強く印象づけるものとなった。(中盤以降はいわゆるオレ設定)

PGMK2-08

パーフェクトグレードは初めて作りました。パーツの多さと全体の大きさにまずは驚き。さらに、各関節の可動域の大きさにもびっくりしました。こんなキットに手を加えていたらしばらくは完成を見ないだろうということで、工作としては素組みです。塗装は、カラーリングを「赤いヤツ」にする以外は特に何もしていません。内部フレームはほとんど塗装していないのですが、意外と外から見える部分が多かったので、塗装しておいた方が良かった気がします。なお、外部装甲は、表面を塗装した(つまり材質自体が赤い合金類、ではない)と考えているので、装甲の裏側までを赤色にするのは止めました。

PGMK2-09

色のレシピはこんな感じです。
・外部装甲の赤 … モンザレッド8にオレンジ2くらい
・足の下部の赤 … モンザレッド7にミッドナイトブルー3くらい
・腹部の黒 … 黒(そのまま)
・胸部の黒 … ミッドナイトブルー8にニュートラルグレイ2 (忘れてしまった… これは自信なし)
・バックパック本体 … 黒(そのまま)
・メインノズル … 黒鉄色と焼鉄色で塗り分け
あと細かいところは忘れてしまいました。

PGMK2-17

マーキングは、サテライトツールズのコーションデータデカールを使いました。赤地に白なので、肉眼ではかなり目立っていると見えていたのですが、写真にすると、白地に赤のマーキングの方が映えるみたいです。

このMK-IIは無事友人の手元に引き取られました。
でも、パーフェクトグレードってかっこいい。もう一台作って自分の部屋に飾っておきたい気分です。
(作るのがえらい大変ですけど)

ちなみに、ベースとなったキットは、パーフェクトグレード MK-IIの「エゥーゴカラー」です。
だいたい、10日間程度で完成させました。

PG 1/60 RX-178 ガンダムMk-II エゥーゴ
PG 1/60 RX-178 ガンダムMk-II エゥーゴ[ホビープラザ とらや]

2005/06/04

プロジェクトMK-II last-1

工作と塗装完了。
マーキング貼りも終わりました。
塗り残しなどを再確認して、トップコートをかけて、写真撮影でプロジェクト完了です。
明日中に、このMK-IIを友人に引き渡すことになっているので、今夜から明日の午前中で全て終わらせる予定です。
写真のアップはそれから。

今回、ガイアノーツが出している商品を試しに使ってみました。
下記はおすすめだと思います。

T-01 ラッカー系薄め液 1000cc
T-01 ラッカー系薄め液 1000cc
クレオスの純正薄め液と比べて安価で、使用感もほとんど同じ。自身の製作ペースを考えると、当分買わなくて済むはず。

G-01 ブラシウォッシュ
G-01 ブラシウォッシュ
私は筆塗り派なので、使ったあとの筆を洗う道具で使いやすそうなのをずっと探してました。それでこれを見つけたのですが、容器サイズも適当だし、種別を分かりやすくするためのシールもうれしい心配りだし、良い商品と思います。

他にも、塗料の薄め液を中心にしていくつかの製品があります。近所の模型店は取り扱ってなかったので、私は通販頼りですが…
[ガイアノーツ ショップページ(楽天)]

2005/06/02

プロジェクトMK-II その3

かなり出来上がってきました。十分ガンダムに見える状態です。

PGMK2-0602-01
PGMK2-0602-02

バックパックを完成させたら、スミ入れと全体への汚し塗装をして、デカール貼ってトップコートをかければ出来上がり、という状態です。あとは武装類の小物を作れば、MK-II完成です。
かなり無茶なカラーリングにしたのですが、見た目すごくかっこいい。自分の手元にも一台置いておきたい気分です。(今作っているコレは頼まれモノなので、完成後は引き渡さないとならないのです)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

最近の写真

  • P10100061
  • P10100011
  • P10009812
  • P100098011
  • P100097711
  • P10009711
  • P10009671
  • P10009921_2
  • P10009621_2